私たちの想い

オリーブと言えばイタリアやスペインなどが有名ですが、イスラエル(パレスチナ)にもオリーブの産地として数千年の歴史があり、人々の日々の暮らしになくてはならないものとして受け継がれてきました。

そして現在では、パレスチナの主要な農作物として大きな収入源となっているのですが、このことは日本ではまだあまり知られていません。

そんな中で、JICA(国際協力機構)の支援の元、パレスチナに建設された『ジェリコ農産加工団地』において『パレロア社』がオリーブの葉を加工し製品化することに成功しました。

そうして生まれたのがオリーブ葉サプリメント『パロリーフ』です。

オリーブオイルの原料に使われている『実』に比べ『葉』は注目度が低く、これまではあまり活用されていませんでした。

しかし、オリーブの『葉』は『実』よりも栄養価が高く、特にポリフェノールの一種である『オレウロペイン』が大量に含まれていることがわかってきました。

この『パロリーフ』には、オリーブがもたらしてくれている栄養素が余す所無く含有されており、その成分と効能には大きな期待が寄せられています。

 

私たちは『パロレア社』と出会い、このオリーブがもたらしてくれた恩恵を、糖尿病や高血圧、高コレステロールなどの生活習慣病を抱えている多くの日本の皆様にも広く紹介していきたいと言う想いで、パロレア社の日本正規代理店となる『株式会社ユニワ』を設立しました。

×

この事業により、現地の人々に新たな収入源が生まれましたが、オリーブの農園で働く者達の中には女性や子供たちの姿もあります。

私たちは単にイスラエルからオリーブ葉サプリを輸入して販売するだけではなく、このビジネスを通じて『そこに関わるすべての人が幸せになれる』ための循環を築いていく活動にも注力していきたいと考えています。

私たちが目指すコミュニティートレードとは

世界に目を向けると、 生産企業だけが利益を得て、そこに働く人々たちは適切な賃金を得られず、悪しき環境での労働を強いられているケースも少なくありません。

それでも多くの人々は、その町や村で暮らしていくために、そんな環境であっても働かなくてはなりません。

 

自分たちが暮らす町や村で適切な仕事につくチャンスがあれば、彼らの家族たちは普通の暮らしができるようになります。

適切な収入やビジネスモデルを通じて、その町の生活環境や教育環境の基盤が築ければ、子どもたちは労働に駆り出されずに学校で学べ、未来を描けます

このような地域発展のためのさまざまな活動を通して、人々が人として尊厳ある暮らしを送れるようにするための適切な循環を生み出すために、私たちは単に生産者と消費者を繋ぐだけではなく、このビジネスを通して、お客様の健康は勿論ですが、雇用環境の適正化や働く女性や子供達を支援する活動などにも注力していきたいと考えています。

 

私たちにできることは、まだほんの僅かですが、一企業としてできる範囲で自社が取り扱う生産品(輸入品)の流通環境を適正化するためのささやかな活動を積み重ねていくことからはじめます。
寄付をして終わりの活動はいくらでもありますが、もう一歩踏み込んで、還元する売上げの一部が、生産地で働く女性や子供たちのために有益に使われる環境を生み出すために、生産企業に働きかけることや、

それらの情報を広く発信することで消費者の皆様への理解も広め、お客様も商品の購入を通じてその活動の一端を担って頂くことで、コミュニティトレードの循環が描き出されていきます。

ささやかな活動であっても、持続的に積み重ね続けていくことで、一人でも多くの方々に未来を描くことができる日々を届けてあげたいと願っています。

ジェリコ農産加工団地の基盤となった「平和と繁栄の回廊」構想の紹介ページ

ジェリコ農産加工団地(JAIP)の建設は、日本、パレスチナ、イスラエル、ヨルダンが協力し、

パレスチナの経済的自立を促す「平和と繁栄の回廊」構想の旗艦事業として2006年に始まりました。

「平和と繁栄の回廊」構想を紹介する記事
ジェリコ農産加工団地で創業したパロレア社が紹介されている動画

JICAは、ジェリコ農産加工団地の開発と運営に関する支援活動を行っています。

パロリーフ
ユーザーの声
取り組み・活動
ユニワについて
よくある質問・お問い合わせ
Copyright Ⓒ YUNIWA.